個人輸入の理由

男性が海外から医薬品を個人輸入するものとしては、男性機能回復を目的としたものと、体力作りを目的としたサプリメントに大別されます。 これらの医薬品は、国内のドラッグストア等では販売されておらず専門的な通販サイトで扱っているのみです。 購入希望者は、海外での評価や専門サイトの広告で目的の物を見つけます。

女性が個人輸入する医薬品

女性が海外から医薬品を個人輸入するものとしては、避妊を目的としたものや不感症の治療を目的にしたもの等女性特有の問題解決を目的としたもので、国内では専門医の処方箋が無いと購入できないものと、ボディーケアを目的としたサプリメントに大別されます。

男性用・女性用に限らず医薬品として購入されるもの

個人輸入で購入される医薬品の中には、美容薬や生活習慣改善薬、季節特有の治療薬、そして性感染症の治療薬が有ります。 やはり国内では、専門医の処方箋が必要な類の医薬品が中心となるようです。 医師を頼るのが億劫だったり恥ずかしかったりと、思いは人それぞれです。

男性が個人輸入する医薬品

海外の医薬品を扱う個人輸入サイトの普及で、煩わしい手続き等を踏む事無く誰でも簡単に海外から購入する事が出来るようになりました。
国内で入手困難な医薬品も個人輸入が可能となり、利用している人も多いでしょう。
では、どの様な医薬品が個人輸入で購入されているのか、またその理由を考えてみましょう。
・男性の場合:ED(勃起不全)薬、早漏改善薬、ペニス増大サプリ、薄毛の治療薬、前立腺肥大症の薬
・女性の場合:ピル等の経口避妊薬、不感症治療薬、ホルモン剤、バストアップサプリ、育毛剤
・特殊な薬として:性感染症治療薬
・その他:美容関連の薬、生活習慣病の薬
といった医薬品が購入されています。
購入理由としては、
・国内に於いて入手困難
・国内で販売されている医薬品よりも効果が期待できる
・人に知られずにこっそりと治療したい
といった理由が考えられます。
特に、人には言えないような悩みを解決する手段として医薬品の個人輸入を利用する人が多いようです。
自分が持つコンプレックスや悩み心配事等を、その薬を服用することで解決できるならと思い、ネットなどで調べている内に海外医薬品の個人輸入に辿り着くのでしょう。
現在、個人輸入をサポートしてくれるサイトが多く存在していることもあって、年代問わず気軽に購入できてしまいます。
その分違法な医薬品や不正医薬品を購入してしまうリスクも大きいのですが、個人輸入利用者は自己責任と割り切っていると考えられます。